11/25 イチョウ並木撮影

どうも。七語零黎です。
昨日はレンズと今まで使っていたスマホ売却のついでに、神宮外苑のイチョウ並木撮影に行って参りました。

国立競技場駅で下車したのでまずは工事中の国立競技場を。
2年前は更地でしたが、今は丁度骨組みを造っているところでした。
当初の建設計画見直しで最終的に建築家の隈研吾氏のデザインを採用、コンセプトは「木と森のスタジアム」。
完成したらどの様な姿を見せてくれるのでしょうか。
(EOS 80D + EF-S 18-55mm F4-5.6 IS STM{3枚合成})

国立競技場を後にしイチョウ並木へ。
この日は「神宮外苑 いちょう祭り」が行われていたため、人出が多かった・・・。
撮影者の安全を考慮してか、道路の一部を歩行者天国とする対応がとられました。
葉は既に散り始めていましたね。
(EOS 80D + EF 24-105mm F4L IS II USM)

イチョウ並木の良いところは何と言ってもこの「黄色のトンネル」。
日光と黄色くなったイチョウの葉が合わさって良い感じに。
(EOS 80D + EF 50mm F1.8 STM)

イチョウを下から見上げて。バックが青空なので黄色が目立つ。
(EOS 80D + EF 50mm F1.8 STM)

そして定番の撮影地でイチョウ並木を。
EF 24-105mmとEF 50mmで撮影したものを両方載せました。
EF 24-105mmの方が色乗りが良く、彩度もバッチリですね。さすがLレンズ。
(EOS 80D + EF 24-105mm F4L IS II USM、EF 50mm F1.8 STM)

今回のイチョウ並木に先日購入したEF 24-105mm F4L IS II USMを使用しましたが、
色乗りや解像度が非常に良かったので、スナップ撮影でも申し分ない性能でした。
しかし、レンズ自体が重いのでここが腕への負担になりそうなところですが、今のところ支障はありません。

さぁ、次は六本木のイルミネーション・・・!