ミラーレス用新レンズ導入(2)

2017年6月21日

前回に続き、購入したレンズのご紹介を。


今回はEF-M 22mm F2 STM。
以前EOS M3を購入した時にキットレンズとして付いて来ましたが、今回は単独購入。
理由はやはり描写力と丁度良い画角。冬のイルミネーション撮影にも発揮しそうです。

レンズ本体はこちら。
薄さと軽さを求めた「パンケーキレンズ」の1つで、EF-Mマウントではこのレンズのみ。
マウントアダプター装着でEF-S 24mmとEF 40mmを取り付けることが可能ですが、マウントアダプターがある分かなりの厚みを持ってしまうので、このレンズであれば薄さを損なわず装着可能。
右側はレンズフード(EW-43)を装着したもの。これってフードと言えるのでしょうか・・・。f(^_^)

第2メイン機EOS M5に取り付け。
この薄さは小型軽量のミラーレス機にバッチリですね。イルミネーションを含むスナップ撮影にはこれ1本で重宝しそう。
出来ればキットレンズに設定して欲しかったな・・・。

サブ機EOS M3に装着。いや~この姿久しぶりだなぁ。
ミラーレス同士(M5、M3)で持って行くならM3側はこれにしようかと。

このレンズは単焦点ですが沈胴機構を採用している為、電源をONにするとレンズが少しだけ飛び出します。
(EF-S 24mm、EF 40mm、EF 50mmも同じ構造ですが、こちらは飛び出しません。)

撮影試験は後日ご紹介します。