ありがとう9000形記念ツアー撮影

2017年6月21日

本日、「ありがとう9000形記念ツアー」が午前と午後の2回で行われました。

まず、千葉NT鉄道の9000形について・・・
1984年に千葉NT中央への延伸に伴い、6両編成2本がデビュー。
当初は「2000形」を名乗っていたが、京急への乗り入れに合わせ「9000形」へ変更。
以降9008編成、9018編成の2本体制で運転されていたが、2013年に9200形導入に伴い9008編成が離脱している。現在は9018編成1本のみだが、この編成も本日をもって終了となった。

それでは撮影分を。

IMG_0303_M5

まずは午前の部から。駅撮りは難しいと考え、沿線撮りに。
この場所では私を含め約10名程度撮影されていました。
ヘッドマークはこの日限りの特別仕様。9018側は「さよなら9000形」。(小室~白井)

IMG_0314_M5復路は白井駅から先の場所で撮影。
地元では沿線撮りが出来なくなってしまいましたが、この場所も良さそう。
ヘッドマークは9018側と異なり、「ありがとう9000形」に。(西白井~白井)

午後の部は地元にて撮影。
9000形が登場した当初、後ろにあるカインズモールは当然無く、一面は森でした。
そしてこの場所に線路はなく、まだ手付かずの自然が残されていましたね。
時代の流れを感じます。(印西牧の原~千葉NT中央)

9000形は本日をもって運転終了となり、地元から別れを告げることになりました・・・。
これの代替として、9800形が昨日入線したようです。9800形の導入を以って北総鉄道は全車両VVVF制御車に統一されたため、京成グループで抵抗制御車・界磁チョッパ制御車が残っているのは京成電鉄のみとなりました。