M3が帰ってきた!

2017年6月21日

本日、中古ではありますが撮影機材を導入しました!
まずはこちらから。

EOS M3です!
以前手に入れた時はサーボAFが使い物にならず売却してしまいましたが、今回はメイン機を補う目的で導入。

これまでEOS 80D(メイン)とEOS M5(サブ)の2台体制でしたが、EOS M5の動体追従性能が非常に良かった為メイン機2として昇格。新しいサブ機としてEOS M3を入れることにしました。
導入前、高級コンデジにするか悩んでおりましたがM3が高級コンデジよりも安かった上、レンズがそのまま流用できることからM3の購入に踏み切りました。

なお、今回導入したM3は中古機で美品、さらに外付けEVF付きという仕様。
レンズは標準(18-55mm)と望遠(55-200mm)のダブルズームです。

M3にそれぞれ標準・望遠を取り付け。望遠のフードもそこまで大きくないので良い感じですね。

おまけとしてM5にも各レンズを取り付けました。
M5のキットレンズは15-45mm・18-150mm・28mmマクロのみで、ダブルズームキットの設定は無し。
特に右側の望遠レンズはフードを除き、18-150mmを取り付けたものと比べてもほぼ変わらない姿。
2本で18mm~200mmまで賄えるので、高倍率1本よりも良いかと思います。

今回のEOS M3導入により、M5のキットレンズ(18-150mm)は売却。
軽くて使いやすいレンズではあるけど、18-135mmの描写には負けますな。
高倍率ならタムロンの18-200mm(B011)を入れると言う手もあるからね。

基本M3でサーボAFを使うことは無いから、きっと「YDK」(某学習塾CMのキャッチコピーを勝手に拝借(笑))になるかと。