新レンズ導入(その2)

2017年6月21日

今回は久しぶりに導入した600mm級の望遠レンズをご紹介。

img_0474_x7iSP 150-600mm F/5-6.3 Di VC USD G2!!
タムロン製の超望遠ズームレンズで、シグマ以来久々に導入した150-600mm。

中身はこの通り。やはり「デカい」の一言に尽きますね・・・(笑)
タムロンではこのモデルが出る前から既に150-600mmを販売していますが、新デザインになってからは全長が短くなりました。
三脚座が大きくなったことから、横置きでも自立するようになっています。

メイン機EOS 80Dに取り付け。
従来のモデルは若干明るい灰色でしたが、このモデルになってからはほぼ黒で統一されたのでカメラと一体化したようなデザインに仕上がっています。

サブ機EOS Kiss X7iにも取り付け。
Kissシリーズの中では大柄のボディですが、150-600mmとなるとカメラ本体が小さく見えます。
このレンズはKissに付けるものじゃないですね(爆)

img_4012_80dこのレンズはシグマの新ライン同様、ユーザー自身でファームウェアの更新が可能なので、「TAP-in Console」も同時購入。

img_4011_80d中身はこちら。シグマの「USB DOCK」と比べると丸みが強めです。
シグマへの対抗策として登場したものではないかと思いますが、ユーザー自身で色々カスタム出来るのは嬉しいですね。

このレンズの重さは2010g(2.01kg)。今まで持っていたレンズの中では最大の重さです。
実際カメラに取り付けて持ってみてもかなりの重さはありました。手持ちで長時間は辛いですが、短時間程度ならほぼ問題ないと言ったところでしょうか。
長時間であれば三脚使用は必須でしょう。
また、このレンズは三脚座がアルカスイス互換となっており、アルカスイス規格の雲台であればそのまま取り付け可能な設計になりました。

今回のSP 150-600mm導入に伴い、焦点距離がほぼ被るEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMは売却しました。
最初EF70-200mm F2.8L IS II USMを売却しようと考えておりましたが、こちらはテレコンで400mmまで伸ばせることが可能であることと、雨天や強風での撮影を考慮し100-400mmの売却に至りました。

撮影試験は後日。