【撮影試験】EF70-200mm F2.8L IS II USM(総括)

先日購入したEF70-200mm F2.8L IS II USMの撮影試験を行った結果、
Lレンズの望遠ズームとしては非常に良い出来であることが分かりました。

このレンズの特徴として、プラス点を挙げると

・解像度の素晴らしさ
開放F値でもシャープな絵を作ってくれる。

・全長が変化しない
ズーミングしても前玉が伸びないので、単焦点望遠レンズの様な感じで使用出来る。

・防塵防滴構造
雨の日、春一番などの強風でも対応可能

マイナス面としては、

・重い
重量約1.5kgのヘビー級レンズ。APS-Cの場合はKiss X8iの様な大柄なボディを推奨。
重さが気になる場合はF4Lの方がおススメ。

・高い
希望小売価格30万円と非常にお値段の高い品物。初心者にはおススメ出来ない。
どうしても入手したい場合は自分でお金を貯めよう。

EF70-200mm F2.8L IS II USMは、キヤノンのフルサイズ用ズームレンズの中でも明るいレンズに位置しています。プロカメラマンや報道カメラマンの殆どは持っていらっしゃるかと思います。
このレンズとEF16-35mm F2.8L II USM ・ EF 24-70mm F2.8L II USMを合わせると、麻雀の役になぞらえ「大三元レンズ」と呼ばれます。
この3つはとても高価なレンズになる為、全て揃えるととんでもない価格になります(笑)

なお、LレンズにはF4通しのもの(EF17-40mm F4L USM ・ EF24-105mm F4L IS USM{II型含む} ・ EF70-200mm F4L IS USM)もありますが、こちらは「小三元レンズ」と呼ばれます。
こちらは大三元よりも暗めなので価格が抑えられており、比較的入手しやすい(?)レンズとなっています。

EF70-200mm F2.8L IS II USMは、私個人としてはおススメですが、
値段と重さを考えるとある意味危険なレンズでもあるので、自分のお金と向き合ってから購入した方が良いでしょう。